コーヒーメーカーはどのくらい電気代がかかります?

コーヒーメーカはどれぐらいの電気代がかかるのでしょうか?
ここではコーヒーメーカーの電気代について紹介していきたいと思います。

各メーカーから様々なタイプのコーヒーメーカーが出ていますが、ここでは一般的なドリップコーヒーを作るコーヒーメーカーの電気代を試算します。
コーヒーメーカーの主な機能はお湯を沸かす、保温するとなります。
お湯をわかす際の消費電力は一般的なコーヒーメーカですと500前後Wです。
所要時間はおおよそ10分程度となります。
ではこれを元に電気代を計算してみましょう。
電力料金単価は22円とします。

500W÷1000×10分÷60分×22円=1.83円

消費電力500Wのコーヒーメーカーでお湯を沸かすために10分間使用すると電気代は約1.83円ということが分かりました。
では次に保温機能を使用した場合の電気代を計算してみましょう。
一般的なコーヒーメーカですと保温時の消費電力は35W前後です。
3時間保温したと仮定して電気代を計算してみます。
35W÷1000×3時間×22円=2.31円

コーヒーを作り3時間保温した場合の電気代は合計で約4.14円です。
但し、コーヒーメーカーはスタンバイ状態を維持するため待機電力が別途かかります。興味がある人はコチラへ

コーヒーメーカーはどのくらい電気代がかかります?