ヨーグルトメーカーの電気代はいくら?

健康食品の1つとも言えるヨーグルト。
毎朝欠かさず食べるという方も多いのではないでしょうか?
そんな健康に欠かせないヨーグルトを自宅で作れちゃうのでがヨーグルトメーカーです。
健康志向の方であれば持っているという方も多いかもしれません。
そんなヨーグルトメーカーですが気になるのは使用時の電気代ですよね。
一体いくらぐらいの電気代がかかっているのか計算してみましょう。

ヨーグルトメーカーの消費電力は各メーカーごと機種ごとに違います。
大体10W~30W前後となります。
またヨーグルトが出来上がるのに結構な時間を要します。
ここでは10時間使用するとして計算してみます。
なお電力料金単価は全国平均である22円としますが、実際にお家の電気代を計算する際は契約しているプランに基づいて計算してくださいね。

10W÷1000×10時間×22円=2.2円
30W÷1000×10時間×22円=6.6円

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作るのにかかる電気代は約2.2円~6.6円となります。
ヨーグルトを作るのに必要な材料はいたってシンプルですからヨーグルトを買うよりも作ったほうがトータル的に安く済ませられるかもしれませんね。
健康維持のためにヨーグルトメーカーを購入して自宅でヨーグルトを作ってみるのも良いのではないでしょうか?興味がある人はコチラへ

ヨーグルトメーカーの電気代はいくら?

ソーラー電気自動車って何?

ソーラー電気自動車とは電気モーターを利用して車を稼働させる自動車のことです。
リチウムイオン電池を自動車に搭載し、充電することで電気エネルギーを使用し動きます。
充放電を繰り返すと電池が劣化すると言われていますが、リチウム電池は繰り返し充放電しても劣化が少ないという特徴があります。
今までリチウムイオン電池は出力が小さくとても自動車への実用化は不可能でした。
しかしようやく出力量が大きいリチウムイオン電池の開発に成功し電気自動車の注目が集まっています。

ソーラー電気自動車はガソリンではなく電気のみで走ります。
ということは当然電気代がかかります。
ここで気になるのが電気代とガソリン代はどちらが安いのかではないでしょうか?

今回は日産リーフを例に電気代を計算していきたいと思います。
なお電力料金単価は全国平均の22円とします。
リーフは1kWhで約9kmの走行が可能です。
1回の充電で約180kmの走行を可能としています。
では仮に100km走行する場合の電気代を計算してみましょう。

100km÷9km×22円=244円
100km走行で電気代は約244円となります。

電力料金単価は料金プランによって異なります。
昼間は高く夜間は安くなる電気料金プランであれば充電時の電気代を安くすることが出来ます。土地付き太陽光発電について

ソーラー電気自動車って何?